国際マネージメント・セミナー (IMDS)
EUビジネスマン日本研修プログラム (ETP)

1979年、EUは「EUビジネスマン日本研修プログラム(ETP)」をスタートさせた。ETPは、12ヶ月間の日本語集中講座、毎週行なわれるビジネス・セミナーや企業訪問、それに続く6ヶ月間の日本での企業内研修からなる18ヶ月間のプログラムで、毎年約40名のEU若手ビジネスマンが参加した。2002年までの参加者数は800名にのぼる。
1988年、IMDSは駐日欧州委員会代表部より、ビジネス・セミナー及び東京周辺の企業訪問の企画運営を委託される。ETP 8に始まるこの活動は以来、2002年のETP 20まで続き、各回の平均参加者40名を対象に、毎年40回の日本ビジネスに関する講義と、12回の企業訪問が行なわれた。

サンプル・プログラム等はこちらをご覧下さい。
http://icc.fla.sophia.ac.jp/html/history/etp_schedule.html