Re-Scripting Tokyo: Urban Image and the Re-Writing of the Japanese Metropolis

ICC, Sophia University, Saturday 12 January, 2008

mt. fujiThis symposium is based on the premise that the way we understand and relate to cities is conditioned by texts and images produced by a wide range of people whose work is related in some way to urban space. These might be 'frontline' photographers, designers and writers, or it may be editors and publishers. It probably includes fashion houses, advertising agencies and events organisers. It certainly includes architects and estate agents, to name but the most obvious. All these people and organisations are implicated in the production of images and texts that shape impressions and understandings of the city. At the same time, they are responding to changes in the urban political economy, as successful urban restructuring requires the support of urban image makers. Tokyo's plasticity lends itself -- perhaps more than any other metropolitan centre -- to a process of scripting and re-scripting. A frenetic pace of change has afforded Tokyo the chance to re-invent itself, re-write itself in a way that few others cities have been able. Once considered drab, polluted and overcrowded, of little interest except as a stepping stone to Kyoto, it is now a city that attracts widespread attention because it represents what are seen to be key tropes of contemporary urban life. Processes underway elsewhere are writ large in Tokyo. Tokyo, one might say, has become a paradigmatic city. The question we ask here are who sets/ makes the paradigms. In convening this symposium, we hope to encourage discussion around the following themes:

・The relationship between English and Japanese language 'scriptings of Tokyo'. ・The role of the TMG and quasi-official institutions such as the JTB in the scripting of Tokyo. ・Scripting Tokyo in the context of 'competition' form other regional cities such as Shanghai.

・The traditional and the modern in the image of contemporary Tokyo. ・The use of Shitamachi as a trope for a historical view that validates contemporary Tokyo.

・The packaging and consumption of images of Tokyo.

・The role of the 'commissioners' of urban texts and images. ・The relationship between architects and those who commission them. ・The interplay between the urban political economy and urban image makers.

The organisers see the symposium primarily as a forum for discussion. We leave it to participants to decide whether they prefer to present completed work or proposals for further research. One aims of the symposium is to act as a launching pad for a research project exploring these themes in more depth.

David Slater, Sophia University -- dhslater@gmail.com
David Murakami Wood, Newcastle University -- d.f.j.wood@ncl.ac.uk
Paul Waley, University of Leeds -- p.t.waley@leeds.ac.uk

都市のイメージ:東京を書き直す

2008年1月12日(土) 於 上智大学

nakamiseこのシンポジウムでは次のような仮説をたてる。我々がどう都市を理解し関係性を持つかは、都市空間に関与する様々な人々によって生み出されるテクストやイメージに規定されている、というものである。第一線で活躍する写真家、デザイナー、作家、あるいは編集者や出版社がその当事者と云えるだろうか。また、ファッション・ブランド、広告代理店や興行者なども含まれるだろう。そして、当然の事ながら建築家や不動産屋といった人々。これらすべての人々や組織は、基本的に都市に抱く印象や理解を促すイメージやテキストの生産に関与している。しかしそれと同時に、都市の政治経済を改変してゆく力にも関与しているといえる。なぜならば、都市がうまく再構築される際には、必ずその都市のイメージの作り手が介在するからである。 東京の可塑性は、おそらく他のどんな大都市よりも、描写、書き直しのプロセスを促す。猛烈な変化のスピードによって、東京という都市そのものを再発見し、他の追随を許さないようなイメージを再構成することに成功している。過去には京都への足がかりである以外は、単調で、薄汚く、過密な都市であった東京は、今日では現代的な都市生活のメタファーとして、広範な人々の関心を集める都市へと変貌を遂げている。また、東京では、他の地域で起こったプロセスが極端な形で表出する。東京は都市の一つのパラダイムになった、とある人は云う。われわれがここで問いたいのは、いったい誰がこのパラダイムを作り出したのか、ということである。
このシンポジウムを開催するにあたり、以下のようなテーマに関する議論を喚起したい。

・英語/日本語による「東京の描写」の関係性 東京都や日本観光協会といった公的組織が描く東京 他地域の大都市(上海など)との「競争」という文脈に於ける東京

・現代東京のイメージの中に見る伝統と近代 現代東京に妥当性を与える歴史的視線の比喩としての下町の使われ方 東京のイメージのつつみ方と消費

・都市のテクストやイメージづくりを任命する者の役割 建築家と依頼人との関係 都市の政治経済と都市イメージの作り手の相互作用

このシンポジウムを通じて、新たな議論を生み出す場を作り出したいと考えている。それ故、既存の研究あるいは将来的な研究の提案、いずれの形で発表するかは、発表者の判断に委ねたい。このシンポジウムが、これらのテーマをより深く探求する研究プロジェクトの発射台となることを期待する

David Slater, 上智大学 -- dhslater@gmail.com
David Murakami Wood, ニューカッスル大学 -- d.f.j.wood@ncl.ac.uk
Paul Waley, リーズ大学 -- p.t.waley@leeds.ac.uk